投資に悩んでいるのなら中古マンション投資がお勧め

税金の仕組みをしって節税

集合住宅

マンション投資をする際のポイントとして節税があります。マンション投資では多額の資金を持ち出すことになるため多くの場合には初年度は赤字になり、その他の収入に対して節税することができます。2年目以降も諸経費によって収入を調整することで節税を行うことができます。

不動産に投資する前の準備

セミナー

初めて不動産投資をする方は不動産投資セミナーに参加するのがおすすめです。無料のセミナーであっても投資プランの立て方や一棟買いと区分所有の違いなどを学ぶことができるのです。また必要経費と考えて、思い切って有料セミナーを受けるのもいいでしょう。

安く物件を購入する

マンション

実は利回りが高くなる

不動産投資で稼ぐなら利回りの高いマンションが一般的ですが、価格が高いので手を出すのが難しい部分もあります。どうしても費用を捻出するのが難しいという場合は、新築にこだわらず中古マンション投資を検討してみましょう。新築なら未入居で設備も新しく、人が集まりやすいという意味で投資として優位になりやすいのですが、中古マンション投資でもそれなりにメリットはあります。まず、最大のメリットとも言える中古ならではの価格の面です。新築は売主であるマンション販売会社の意向で決まるので、基本的な相場から逸脱することはありません。しかし、中古の場合は一度手にしたオーナーを売主として、買主との納得した場合に値段が決まるため、的確な値段が存在せず状況によっては安く購入することができます。中古マンション投資は購入した物件にもよりますが、価格の面でアドバンテージがあり、実は新築より高利回りになりやすい傾向にあります。利回りは物件価格から、家賃収入や諸費用を含めて除算したもので求められます。中古マンションだからといって家賃が大幅に下がることはないのに対し、物件価格は安いできるので結果的に利回りが大きくなるのです。問題としては中古マンション投資では、やはり人の入った後の室内のため、新たな入居者を集めるのが難しいという点です。しかし、物件価格で浮いた予算をリフォームなどに充てれば、間取りを変えて個性的な部屋にしたり、設備を新調するなどで人を呼び込むことも可能です。魅力的な部屋にすれば入居者は集まりやすくなるので、上手く活用してみると良いでしょう。

有効活用しよう

つみき

長期的に持ち家を利用しなくなる場合には空き家にせず、リロケーションという方法で入居者を募集する方法があります。管理などが難しいイメージがありますが、リロケーション会社を利用すれば、住宅のクリーニングなどを行なってくれるため安心です。