投資に悩んでいるのなら中古マンション投資がお勧め

税金の仕組みをしって節税

集合住宅

不動産投資が節税になる

税金というのは、その国に住み何らかの利益を得た際には逃れられることができないものです。しかし一方で税金の徴収額というものは、工夫次第で減らすことが可能です。むしろ工夫をしなければ高い税金を支払うことになります。このような税金を減らす工夫は節税と呼ばれています。節税といってもさまざまな種類がありますが、不動産投資をした際にも節税になります。特にマンション投資においても節税として行うということがあります。しかし、現実としてその仕組みを理解していなければ思ったほどの恩恵を受けることができません。また、下手をすると返って税負担が増える場合もあります。マンション投資における節税というのは、マンション投資によって得られた利益よりも掛かった費用を計上することで納める税金を減らすということです。基本的に税金は収入がなければ発生するものではなく、収入がなければ税金は発生しません。極端な話として赤字であれば持ち出しとなるため税金が掛からないということです。マンション投資の1年目は購入のための諸費用が計上されるので赤字ですから、その他の収入があっても赤字分が差し引かれるので大幅な節税をすることができます。2年目以降は利益が発生するので節税効果は薄れますが、それでも固定資産税、ローン金利、修繕費・保険料、減価償却費などを計上することができるので課税される収入そのものを減らすことができ節税効果を受けることができます。